橋形クレーン(門型クレーン)について

  • 橋形クレーンとは天井クレーンの両端に脚を設け、地上に設置したレール上を走行するものです。
    また、作業範囲を広げトレーラなどと荷役をするために脚の外側にカンチレバーを設けたものがあります。
    橋形クレーンは当社が最も得意とするところで、今日まで多種多様なクレーンを設計、製造、施工してまいりました。

施工例

●ホイスト式橋形クレーン

拡大
定格荷重2.8Ton
スパン20+1.0m
揚程8.0m
巻上電動機4.0Kw
床上11点押釦操作
※画像をクリックすると拡大します

●ホイスト式橋形クレーン

拡大
定格荷重2.8Ton
スパン8.0m
揚程4.5m
巻上電動機4.2/0.7Kw
無線床上13点押釦操作
※画像をクリックすると拡大します

ページの先頭へ

●ホイスト式橋形クレーン

拡大
定格荷重4.8Ton
スパン20m
揚程7.4m
巻上電動機5.7Kw
無線床上10点押釦操作
※画像をクリックすると拡大します

●ホイスト式橋形クレーン

拡大
定格荷重4.8Ton
スパン5+20+5m
揚程11m
巻上電動機5.7Kw
無線床上10点押釦操作
※画像をクリックすると拡大します

ページの先頭へ

●ホイスト式橋形クレーン(ダブルレール形)

拡大
定格荷重 主巻  20Ton
補巻  5Ton
スパン7.5+34+6.9m
揚程11.3m
巻上電動機主巻  23Kw
補巻  7.7Kw
無線床上12点押釦操作
※画像をクリックすると拡大します

●クラブ式橋形クレーン(ダブルレール形)

拡大
定格荷重主巻  80Ton
補巻  7Ton
スパン10.5m
揚程27m
巻上電動機主巻  37Kw
補巻  17Kw
機上14点操作盤、遠操盤操作
※画像をクリックすると拡大します

ページの先頭へ